心の病をしっかり直そう【うつ症状を把握して対処が大切】

日本人女性

医療機関へ

男性医師

実は脳の病です

うつ病の原因については、現在のところ、正確には判明していません。うつ病は、精神疾患として大変有名ですが、「こころ」という実態のないものの病ではなく、実際は脳の病であることが判明しています。実際に、うつ病の薬(三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSA)は、脳内環境の調整に作用する薬となっています。ストレスや、辛い出来事などが重なって、バランスを壊してしまった脳内の状態を元に戻すという風にイメージしてください。では、うつ病はどのようなタイプの人が発症しやすいのでしょうか。ずは、「自分の許容量を超えて頑張ってしまうタイプ」の方がなりやすいと言われています。具体的には、仕事を一生懸命に頑張ってしまう、まじめで責任感が強く、例えば人の分まで頑張ってしまう、完璧な状態を求めて頑張ってしまう、というような方です。こういう方は、気がつかないうちに悲観的になったり自己嫌悪の状態に陥り、気持ちが沈むことによってホルモンバランスが壊れるなど、脳内の環境が悪化してしまっているのです。

医療機関の選び方

もし、自身にうつ病の疑いが出てしまったならば、是が非でも医療機関にかかってください。自身で解決することは大変困難な病気です。会社や家族など、周囲の人の理解と協力も必要となります。うつ病にかかった場合にかかる医療機関は、精神科か心療内科という選択肢が主なものとなります。精神科と心療内科の違いですが、体の症状が主に精神的であれば精神科に、身体的なものであれば心療内科にかかるとお考えいただければ間違いはないでしょう。ただし、両者は共通点も多いため、選択に悩むまでお考えになる必要はないでしょう。通いやすさや医師との相性からお選びになるのが最もよい選択となります。理由は、精神疾患は、比較的長期にわたり治療が必要だからです。また、医師との相性がストレスとなるようでしたら、逆効果という可能性もあるのです。医師をお選びになる際は、可能ならば口コミ情報を手に入れたいところです。会社の同僚や、近所づきあいからの口コミ、インターネットの口コミなど得られる情報は手にしましょう。口コミでの人気や不人気には何かしら理由があるものです。