心の病をしっかり直そう【うつ症状を把握して対処が大切】

医者と看護師

鬱のセルフチェック

疲労

うつ病は40人に1人が罹患する病です。皆が病についての知識を持つことが求められています。うつ病のセルフチェックを可能にし、早期治療を可能とすることが大切です。セルフチェックポイントは、心の不安、ストレス、不安、焦り、自尊心の低下、です。そのような状態が続くなら、医師の診察を受けるようにしましょう。

View Detail

きちんと治すために

カウンセリング

うつに苦しむ人が世の中に増えてきました。うつ病と診断された場合、薬物治療が一般的になります。しかし、勝手に服用を止めてしまうと副作用などの症状に悩まされることになりますので注意しましょう。また、症状改善のためには、医師の指導通りに継続的に服薬しなくてはいけません。

View Detail

医療機関へ

男性医師

うつ病は「こころの病」といわれますが、実際には「脳の病」となります。うつ病の薬は、脳の洗浄を行う薬であることもその根拠となります。もしうつ病の疑いが出たならば、通いやすさと医師との相性をキーに医療機関をお選びになってください。

View Detail

発症しないために

下を向く女性

誰でもうつ病になってしまう可能性は持っています。自分は大丈夫だろうと感じていても発症してしまう場合もあります。日々のストレスを少しでも解消する事ができれば発症してしまう事は無いので気を付けて行動をするようにしましょう。

View Detail

発症しやすい性格

ハートと鍵

人とたくさん話す方はうつ病になりにくい傾向にあります。終業後に仲の良い人を誘って食事に行くなどの行動をすれば話をする事ができるので、うつ病を発症してしまう可能性を下げる事ができます。誰でも行う事ができる行動なので考えてみましょう。

View Detail

従来から変わっています

カウンセリング

定義が広がり

うつの定義は広がりつつあります。過去は、意欲減退や表情が乏しくなること、睡眠欲や食欲、性欲の減退といった典型的なうつの症状を伴うものしかその病気の定義の中に収まりませんでした。しかし、今は非定型うつというものも出始めてきました。非定型の代表的なものとして、食欲もしくは睡眠欲が異常にあるのにもかかわらず、意欲減退といった気分症状があるうつ、精神的な症状ではなく、倦怠感として身体症状にあらわれるうつなどが挙げられます。これらの症状もうつ病の定義の中に入られるようになりました。したがって、うつと診断される範疇が広がりました。したがって、それも相まって患者数はどんどん増えていっています。今後も新たなうつのタイプが現れることが予測されることから、患者数もどんどん増えていくことが考えられます。ただ、定義は広がりつつも、社会の理解や社会に生活する上での対応についてはおいついていない状況にあるため、今後はそちらの整備を進めていくことが課題となることが言えます。

他の支援も必要

うつの改善において大切となるのは薬物療法とされています。しかし、海外では薬物を使う改善法は見直されつつあります。というのも、薬物治療は医師の儲けの道具として利用されやすいこと、改善効果より副作用による弊害の方が大きいケースも多いことが見直される要因として挙げられます。むしろ、薬物治療よりも、人と人との交互作用を利用したアプローチ法がうつ改善に効果的と唱える人さえいます。つまり、患者のそばに気軽に相談できる支援者がいること、患者の周りに家族や友人、仲間といった人的資源があることの方が効果的ということです。そのため、我が国においてもこのような考えが取り入れられつつあることから、最近では医療的アプローチだけでなく、心理的社会的アプローチも治療において行う医療機関が出てきています。それはうつ症状の改善だけでなく、患者が今後スムーズに社会生活を送れることを支援しているということになります。そのため、以上のような支援体制は多くの患者に支持されています。